ヤマカガシの毒

ハブ上回る毒ヘビが住宅街の公園に…男児が一時重体(テレビ朝日系(ANN)) - Y!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170730-00000027-ann-soci

この記事ではヤマカガシの毒がハブやマムシより強いと書いており、あたかもこれらの毒が同じ種類であるかのように誤解を招きかねないが、全く別の毒である。ハブやマムシの毒は出血毒に分類されるもので、咬まれて毒が注入されると時間をかけてじわりじわりと患部が壊死していく種類のものである。またハブやマムシは気性が荒く、毒牙も顎の前部に付いているため(前牙類)、咬まれたら毒が注入されやすい(ただし、咬まれても必ずしも毒が注入されるとは限らない)。対してヤマカガシの毒は溶血毒に分類される。これは血液を溶かす性質を持ち、毒が注入されて時間を経ると、古傷からの出血など特異な症状が表れる。日本国内では唯一ヤマカガシだけが持つ特殊な毒である。ただし、ヤマカガシの毒牙は顎の後部に付いている後牙類で、咬まれても毒が注入されにくい位置にある。またヤマカガシの性質はおとなしいため、むやみやたらに構わなければ咬まれる危険はない。察するに子供がしつこく追いかけたため自衛のために咬んだところ、運悪く毒が注入されてしまったのだろう。手短に書けば、ヤマカガシはおとなしい性質だから、しつこく追いかけたりし\xA4

覆韻譴弌〴躙雲④肋唎覆て納悗任△襦↗魯屬筌泪爛靴茲蟠埇呂米任鮖鈇弔肇札鵐察璽轡腑淵襪吠麁擦垢襪里呂いǂ❹覆發里ʔ\xA3

広告を非表示にする