服薬していた時の話。

78年ほど精神安定剤睡眠薬を飲んでいた。いざこざがあり、眠っている時はそのいざこざのことを考えなくてよかったから眠りたかった。副作用で記憶が飛んだこともあり、今思えばこわい。薬を飲んでも精神的にしんどいままだったし、眠れなかったり、夜中に目が覚めてそれから眠れなかったりもして、病院で薬を変えてくれと訴えいろいろ試していた。病院を変えて先生が変わった時も薬は変わったけど、効果を感じられなかった。

通院をやめた等のブログ記事を読んだのをきっかけに薬なしで過ごしたい、眠りたい気持ちが強くなった。飲まずに過ごします。と先生に相談、というよりもと宣言をした。先生は反対だったが最終的に私の意思を優先してくれた。自分に負担のないかんじで薬と付き合えればよかったなと今は思う

精神的には変わらず鬱としていたし、布団に入ると全く眠れない。手は震えて、緊張する。眠れないと絶望的なことばかり考えてしまうから、眠りたかった。薬は毎回処方されていたから何度も薬を飲もうかと悩みながら、飲まない日を続けた。眠れない時はスマホとかいじらない方がいい、テレビを見ない方がいい、お風呂に入った後ストレッチするのがいい。いろいろな情報があって、全部やってみたけどうまくいかなかった。眠れるまで待とう。そう考えるようになった。スマホをずっと見て、テレビ見て、ストレッチはめんどうでやらない。すると明け方に眠れるようになった。だんだんと眠れる時間が長くなり、薬なしで眠れるようになった。1年。長かった。鬱だけだった感情は喜怒哀楽を感じられるようになった。外の世界に飛び出したことが特に大きかったと思う。

今も寝つけなかったり考え事をして空が明るくなっていたりするし、小さな物音で目が覚めることもある。小学生の時から寝つきが悪く、物音で目が覚めていたし、友だちが考え事をして朝まで寝つけなかった話を聞いた時はホッとした。そんなもんかも。

いつかの精神科の先生との会話

何してる時間が好き?

眠るの好きです。

眠るのって楽しい?

たしかに楽しくはないかなー。今でも眠るの好きです。

くまさん。うれし。

ゆるりねこのじょースタンプ販売中!

こちら